指揮者 三山 博司(Hiroshi  Miyama)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程独唱専攻修了。博士後期課程声楽専攻単位取得満期退学。

 博士後期課程では20世紀イギリス歌曲、主としてベンジャミン・ブリテンの歌曲を研究する。

鈴木寛一、中村浩子の各氏に師事。日本歌曲を瀬山詠子氏に師事。

 東京文化会館主催新人オーディション合格。同デビューコンサート出演。第8回日仏声楽コンクール入選。芸大定期・ブリテン「戦争レクイエム」、同バッハ「ヨハネ受難曲」のテノールソロをはじめ、受難曲のエヴァンゲリストや、バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの宗教曲および「第九」のテノールソロを数多く務める。オペラではマスネ「ウェルテル」のタイトルロールをはじめ、フランス・オペラ、オペレッタに数多く出演している。

 これまで1999年(横浜)、2001年(東京)、2004年(札幌)をはじめとして、20世紀イギリス歌曲と日本歌曲を中心としたリサイタルを7回開催している。

 又、1994年から1998年まで筑波大学人文学類公開講座「フランス詩と音楽」の講師を務めた。

 現在 札幌大谷大学芸術学部学部長。音楽学科教授。混声合唱団響友会・女声合唱団虹の会、各常任指揮者。  

ピアニスト 石井 ルカ(Ruka Ishii)

 札幌大谷短期大学音楽科卒業、同大学専攻科音楽専攻ピアノ演奏コース修了。修了時に学長賞受賞。同校の定期演奏会、卒業演奏会などに出演。北海道教育大学大学院修士課程修了。

 Kitaraのサマーコンサート、あ・ら・かるとコンサート、三岸好太郎美術館ミニ・リサイタル、札幌大谷大学短期大学部開学50周年記念演奏会、陸上自衛隊室内楽コンサートなど多数の演奏会に出演。

 リスト音楽院セミナー、京都フランス音楽アカデミーを受講し、公開レッスンや優秀受講生コンサートに選出される。

 平成22年度札幌市民芸術祭奨励賞受賞。

 2009年度より北海道ユーフォニアム・テューバ協会主催のミュージックキャンプにおいて公式ピアニストを務め、国内外の著名な演奏家との共演を重ねている。

 これまでに土屋益子、中山ヒサ子、安井耕一、樋口英子、丸山滋の各氏に師事。 l・ラントュ、S・ファルヴァイ、F・ポファールの各氏のマスタークラスを修了。

 現在、()ヤマハミュージックリテイリング札幌店講師。 混声合唱団響友会・女声合唱団虹の会 各ピアニスト。  ハイメスアーティスト会員。